MENU
カテゴリー
MAKI
このサイトを作っている人
Instagramなどできらきらした美女たちが活躍する美容界。
そのキラキラの影となっている、ごくごく平凡な30代、2児の母。
マンガだったらきっと背景のモブキャラ。
でも、モブだってきれいになることを楽しんでるぞ!という意気込みで書いてます。

私のお守り!トゥヴェールの「セラミドミルク」

みなさんトゥヴェールというスキンケアブランドはご存じでしょうか?

最近美容外科のお医者さんやインスタグラマーさんに取り上げられてジワジワ知名度を上げてきている(と思う)ブランドです!

化粧品の美容成分を何よりも大切にしていて、ブランドの出発点はなんと化粧品原料メーカーの研究室とのこと!

なので成分などの品質に対するコスパが良すぎて、ああ、あれも使ってみたいこれも使ってみたいとなってしまいます(><)

今回はそんな中でも私のお守り的存在、「セラミドミルク」をご紹介したいと思います。

目次

セラミドミルクの特徴

まずは商品名にもなっている「セラミド」

セラミドは年齢とともに減少していく成分で、年齢以外にもストレスや体調、紫外線などの外的要因でどんどん減少していってしまします。

肌のバリア機能の主成分であるセラミドが減少すると、乾燥や肌荒れなど様々な肌トラブルにつながる…というわけです。

このセラミドミルクは肌が弱っている部分を中心にバリア成分そのものを補い、バリアをサポートしてくれます。

さらにセラミドにも種類があり、このセラミドミルクに配合されているセラミドはヒト型セラミドで、さらにバリア効果の高い日本製とのこと!

セラミド以外にも10種のアミノ酸、ヒアルロン酸などの美容成分が入っていますが、とにもかくにもこの乳液はセラミドのパワーがすごいんです。

また2016年8月に小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩)から、ヒト型セラミド1,2,3混合物が肌のたるみ効果改善効果を確認したという発表もされていて、セラミドは期待大の成分なのです!

見た目・大きさ

化粧品って見た目よりもちろん中身が大事なんですけど、やっぱり見た目が好きな方がよりお手入れのテンション上がりますよね♡

トゥヴェールは中身に力を入れるために容器や過剰包装を避けコストダウンしてるようですが、私はこのシンプルな白い容器がとても好きです(^^)

セラミドミルクは一見日焼け止めのような容器で、フタを開けたら…やっぱり日焼け止めと似てる(笑)

大きさは手が大きめの私の手のひらにすっぽりおさまるくらいです。

フタを開けて中身が出てくる部分はこんな感じです。

プッシュ式容器のように最後チューブやノズルに残らず使いきれるので、個人的には好きです。

最後は先端に残りをかき集めるように振って振って、出し切ります(笑)

使用感・香り

テクスチャーは、手に出しても垂れてくるほど水っぽすぎず、かといってツノが立つほどの固さはなく。乳液といわれてイメージするテクスチャーそのまんまって感じです。(個人の感想ですw)

伸びもよく、肌なじみもよいので気持ちよく使えます。

皮膜感も感じず、乳液やクリームなどのこってりした皮膜感が苦手な方(私も苦手です)にもオススメ。

テクスチャーの割に、さっぱりした使い心地です。

上の写真は塗ってすぐの状態ですが、テカったりせずなじんでいるのが伝わるでしょうか。

触ると少ししっとりした感じです。

さっぱりしてるので乾燥肌の人や冬場はクリームを塗りたくなってしまうかもしれませんが、少し待ってみてください。

Maki
Maki

あれ…?乾燥してない!

乾燥してるときのピリピリした感じがないんです。

すごく不思議なんですけど、さっぱりしてるのに肌がキチンと整った感じ。

1回じゃ効果は分かりづらいかもしれないので、ぜひ継続して使ってみてほしい。

もちろんそれでも乾燥する人はクリームを塗るか、同じトゥベールのセラミドの乳液に「ナノエマルジョン」という乳液があって、こちらはしっとりタイプなのでこちらを試してみるといいかも!

私はオイリーな混合肌なので、ナノエマルジョンを夏に使うにはちょっと重そう。
(これを書いているのがジメジメし始めた6月なので)

次の冬はナノエマルジョンを使ってみようと今からワクワクしてます♪

Maki
Maki

でもね…

ただ…ただこの乳液ね、無香料なんだけど…独特な香り!

スキンケアの香りが好きで癒しを求めている人は使えないかも。

使うたびに、

Maki
Maki

う~~ん、セラミドミルクのにおい…

と思いながら使ってます。最初はちょっとびっくりしたけど、今はちょっとクセになってる←

購入場所

画像引用:トゥヴェール公式サイト

トゥヴェールに実店舗はなく、購入できるのはインターネットのみです。

公式サイト以外ではAmazonと楽天にもありましたが、Amazonには全商品はなく、送料も含めているのか価格も公式サイトより割高でした。

私のオススメは以下のサイトです

購入はここがオススメ

トゥヴェール公式サイト

購入金額(税抜)の5%分のポイントが付く!

毎月20日は10%ポイントデー♪

セール品や定期購入などの一部商品にはポイントはつかないので注意

トゥヴェール楽天店

楽天ポイントが付く!

楽天お買い物マラソンの時などに買うとお得かも?

公式サイトも楽天店舗も送料は全国一律550円(佐川急便)、7,000円(税込)以上で送料無料です。

価格とコスパ

今回ご紹介したセラミドミルクは40gで3,550円(税込)です。※2020年6月現在

私が個人的に気になるのヒト型セラミドを配合した乳液は

ヒフミドエッセンスミルク 小林製薬 100ml 4,950円 配合量は不明
モイスチャライジングセラム エトヴォス 50ml 4,400円 配合量は不明
ヒトミドミルクV KISO 40ml 2,883円 ヒト型セラミド原液5%配合

容量と価格だけをみると、結構ドッコイドッコイなのかな…?と思ってしまいますが、

トゥヴェールのセラミドは濃度が違います。

公式サイトのセラミドミルクのページに以下のような説明があります。

業務用「ヒト型セラミド原液」より高い濃度です。
日本で製造される化粧品は、「ヒト型セラミド原液」を何百倍にも希釈して作られています。それは、たいへん高価な原料であるため、0.01%以下の配合の商品が数多く出回っています。肌に良い成分も配合量が0.01%以下では、意味がありません。
肌に良い成分をたっぷり使っていただくために、「トゥヴェール」は採算をかえりみず、4.5%もの高配合にこだわっています。(セラミド成分そのものを4.5%含有しております。セラミド原液を4.5%配合しているわけではございません。)
※トゥヴェール公式サイトより

最初読んだときよくわからなかったのですが←、要するに同じパーセンテージなら

セラミド原液を〇%配合成分そのものが〇%

ということですよね??それじゃあ原液〇%って成分自体は何%なんだ…

とにかく品質と濃度には自信を持っているところが頼もしいです。

上の表で上げた他の乳液は、全成分表記を見るとセラミドの表記が6~9番目

水、グリセリン、その他の成分~と(KISOは2番目は別の成分でしたが)、グリセリンって本当に色んな化粧品で基材として使われています。

しかしセラミドミルクのセラミド表記は4番目(セラミド2のみですが)、グリセリンよりも前に表記されているんです。

成分のプロではないので詳しいことは分からないのですが、美肌成分辞典という本を参考にさせて頂くと、

「成分は配合量の多い順に記載されている」
※医薬部外品はこのルールに当てはまらないので注意

「配合量1%ラインが分からない場合は化粧品の成分表示は最初の1~2行を見よ!」

とのことなので、それを考えてもセラミドが高配合なことがわかります。

Maki
Maki

セラミドミルク、すごい!

高濃度のヒト型セラミド配合でこの価格はかなりの企業努力をされているんだと思います…(嬉涙)

どれくらいもつの?コスパは?

推奨されている使用量は10円玉位の量で、約2ヶ月分とのことです。
(製品のページに書いてあります。)

私はその推奨されているくらいの量を主に朝使っていました。

時々夜も使ったり他の乳液などを試していて使わない日もあったり…という不規則な使い方をしていたので、大体3ヶ月で使い切りました。

Maki
Maki

さっぱりとしていてベタつかないので、メイクの前でも使いやすいです。

毎日同じ量を使うとして、容量と値段だけで考えるとそんなにお手頃価格ではないかもしれません。

しかしスキンケアに大切な「品質」を考えると、この成分・品質で2ヶ月近く持つのはかなりコスパが良いのではと個人的に思います。

ちょっと気になること

これを書いているときに色々調べていて知ったのですが、いま毛穴が目立つ要因のひとつとして不飽和脂肪酸が注目されるようになってきたとか…。

不飽和脂肪酸の中にオレイン酸という成分があり、よく食用の油の方で良い成分として耳にしたことがあるかと思います。

が、お肌に良いかというとそうではなく、オレイン酸を皮膚に塗布したところキメが乱れ、肌が荒れた状態になったという研究が資生堂より発表されています。

オレイン酸は様々なオイルに含まれているので、カネダ株式会社さんの植物油脂一覧表をメインに簡単に一覧にしてみました。

アボカド 65
アーモンド 65
アルガン 45
オリーブ 75
カカオ 38
グレープシード 18~20
ココナッツ 7
コメヌカ 43
シアバター 47
ダイズ 25
チャ実 81
月見草 12
ツバキ 85
ハトムギ 54
ひまわり 83
プルーン 68
ホホバ 12
マカデミアナッツ 56
ユズ 35
ローズヒップ 14

※数値は小数点以下切り捨て

これを踏まえたうえでセラミドミルクの成分をみると

マカデミアナッツ脂肪酸エチル(2番目)
マカデミア種子油(7番目)

とマカダミアナッツ由来の成分が多いんです。

表を見てわかる通り、オレイン酸が多く含まれています。

もちろんキメの乱れや毛穴が開く要因はオレイン酸だけではありませんが、毛穴に悩んでいる人は成分に含まれているオイルの種類も気にするといいかも…。

Maki
Maki

オレイン酸は抗酸化作用があったり保湿力が高かったり良い部分もあるので、一概にダメとは言い切れません…。

あくまで「毛穴が目立つタイプの人」は注意したほうがいいかも…という話です。

私も色んなものを試してきましたが何をしても脂が出てくるタイプなので、ちょっと気になる成分でした。

お守り的存在としてこれからも使います

最後にちょっとネガティブな情報をぶち込みましたが、総合的に見てこのセラミドミルクはとても気に入っています。

とはいえ私はとても浮気性なのでこれからもいろんな乳液を試していくでしょう。

でも、このセラミドミルクは常に手元に置いておきたい…。

何かあった時もこのミルクがあれば安心。そんな立ち位置になりました。

成分が濃厚がゆえに合う合わないはあると思いますが、ぜひお試ししてもらいたい一品です!

ここまでお読みいただきありがとうございました♡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる